アメリカの歯科で、一箇所の歯茎の手術で10万円かかりました。費用が高いので他の歯茎は治療できませんでした。

歯科で作成したマウスピースがお役立ち!

アメリカの歯科の費用

私はアメリカ人と結婚したので、10年間は彼の住むアメリカで一緒に住んでいました。アメリカは食品や衣服などのほとんどの物は日本よりも安いです。しかし、医療費はとても高いです。ほとんどのアメリカ国民は保険に加入していませんから、よほど具合が悪くならないかぎり病院へは行きません。具合が悪くなってから行きますので病院で診てもらった時には。手遅れと言うのがほとんどのケースです。私の場合は夫が勤めていた会社で入っていた健康保険がありました。しかし、それでも病院にかかることはめったにありませんでした。保険に加入していても医療費が高いのです。日本のような保険制度がアメリカでもあれば、毎月民間でやっている高い保険に加入しなくても良いのにとは常に思っていました。

私は10年間のアメリカ生活で2回歯科に行きました。歯茎に膿を持ってしまい、歯茎を切ってもらう簡単な手術をしてもらいました。その時かかった費用は下の右歯茎だけでしたが日本円で10万円掛かりました。先生は、今後の為に後三箇所全ての歯茎を治療した方が良いと言っていましたが、私には到底払う事は出来ませんでした。幸いにもその後歯茎のトラブルはありません。その後、私達家族は日本で生活をするようになりました。いつでも具合が悪ければ病院へ行けます。その部分はとても安心しています。子供は特に薬局でお薬を買うよりも病院へ行って先生に診てもらう方が安く済むのにはアメリカ人の夫も驚いています。