歯科医院で虫歯治療をすると、軽度の場合の費用は安いですが重度になると保険治療でも高くなります。

歯科で作成したマウスピースがお役立ち!

歯科医院で虫歯治療をする時にかかる費用

虫歯になったら、放っておくとひどくなりますから、歯科医院に行って治療を受けにいかなければならなくなってしまいます。歯を削るのが痛いのもいやですけれど、お金がかかるのも結構痛いです。では、虫歯治療にはどれぐらいのお金がかかるのでしょうか。

まず、虫歯が非常に軽い場合は、ドリルで削った後、レジンと呼ばれる白い詰め物を詰めて終わります。治療では麻酔をかけなくても痛くないことが多いですし、詰め物もその場で充填して整形しますから、1日で済みます。費用もかからず、初診料を除いたら千数百円で済むことが多いです。次に、ある程度虫歯が進行してしみたり痛くなったりしている場合です。治療しようと思うのはだいたいこの段階が多いでしょう。この時は同じようにドリルで虫歯の部分を削るのですけれど、痛いですから局所麻酔をします。そして、奥歯の場合、その日は型どりをしたうえで仮の詰め物をして、後日、出来上がった詰め物をかぶせて成形します。詰め物は保険適用ですと金属製のものになります。前歯の場合は金属製だと目立ちますのでレジンで詰めます。保険治療の場合は3千円弱で済みますが、審美性のためセラミックなどを使った場合は保険外となり、万単位の出費になってしまいます。

虫歯がさらにひどくなると、神経を抜いたり、歯を覆うような被せ物をしなければならなくなりますので、出費も多くなり、保険治療でも千円台後半から1万円弱を覚悟しなければなりません。その他、初診料やレントゲン撮影も無視出来ないです。虫歯になったら、治療費が高額にならないように早めに歯科医院へ行きましょう。